悪魔の尻尾

50代から60代へ~まだあきらめない

電子書籍

緋色の研究 アーサー・コナン・ドイル

何を今更とシャーロック・ホームズのファン、推理小説のファンからは怒られそうなのですが、シャーロック・ホームズの存在は小学校低学年の頃から知ってはいました。私の友人がかなりのめり込んでいたようで、小学校の低学年からよく読んでいたのです。その…

しあわせの香り 純喫茶トルンカ 八木沢里志

純喫茶トルンカ しあわせの香り 少し前に読んだ「純喫茶トルンカ」がとても良かったので、その続編を読みました。肩肘張らずに読めて、そしてホロッとするところもある、そんな小説です。純喫茶トルンカを舞台に、いつものメンバーの様々な物語が描かれてい…

元国勢調査官が明かす 金を取る技術 大村大次郎

最近チョコチョコと詠ませてもらっている大村大次郎さんの本です。 tails-of-devil.hatenablog.com tails-of-devil.hatenablog.com 金を取る技術というちょっと煽るようなタイトルがつけられています。大村大次郎さんのこの手の本を読むと税金をマトモに払う…

純喫茶トルンカ 八木沢里志

下町のわかりにくい場所にある純喫茶。古い歴史もあるおの喫茶店にはとても美味しいコーヒーを入れてくれるマスターがいます。そのマスターを取り巻く人間たちの模様を描いた作品。 この本の目次 登場人物 あらすじ 感想みたいななんやかんや この本の目次 …

運転者 喜多川泰

喜多川泰さんの「運転者」という本を読みました。 いつぞやの竹野内豊さんが主演のテレビドラマ、「選TAXI」というのを思い出しますが、ちゃんと落ちもあって楽しめました。 楽しめるだけの娯楽小説だけでなく、ある意味自己啓発系の小説でもあります。喜多…

お金の流れで見る戦国時代 大村大次郎

またまた大村大次郎さんの本です。今回は日本のしかも戦国時代というポイントを絞った本なので、サクッと終わります。 サブタイトルには歴戦の武将も、そろばんには勝てないとなっています。元国税調査官という著者ですから、経済的な側面から歴史を見ていく…

お金の流れでわかる世界の歴史 大村大次郎 その5 最終回

さて、お金の流れでわかる世界の歴史、残り1章です。 ココまでの流れ tails-of-devil.hatenablog.com tails-of-devil.hatenablog.com tails-of-devil.hatenablog.com tails-of-devil.hatenablog.com 第12章 ソ連誕生、リーマンショック、混迷する世界経済 共…

お金の流れでわかる世界の歴史 大村大次郎 その4

さてシリーズ第4弾となります。偉そうにシリーズなんて言っていますが、大村大次郎さんの本の内容をまとめながら、ところどころ個人的な所感も入って書いています。このあたりからは近代史になり、本来は歴史の授業などで時間を割いてでも教えるべき重要なと…

山彦 ヤマダマコト 新潟文学工房

「お金の流れでわかる世界の歴史」をまとめる傍ら、読んでいた小説です。ちょっと小休止。 新潟文学工房とヤマダマコトさん 天化シリーズ 山彦の概要 感想 登場人物 新潟文学工房とヤマダマコトさん 新潟文学工房というセルフパブリッシングを主催しているヤ…

お金の流れでわかる世界の歴史 大村大次郎 その3

3連休とのことですが、私は今日も仕事でした。敬老の日ということで、それほど忙しくもなかったのですが、明日は、連休明けということもあって、忙しくなりそうです。今回で3回目になりますが、大村大次郎さんの「お金の流れでわかる世界史」です。 ちょっと…

お金の流れでわかる世界の歴史 大村大次郎 その2

台風が近づいています。天候が悪いですね。職場も違う意味であれ気味でした。気を取り直して、「お金の流れでわかる世界の歴史」。 前回に引き続き、2回目の投稿になります。 まだ3章なんですね。 tails-of-devil.hatenablog.com 第3章 モンゴルとイスラムが…

お金の流れでわかる世界の歴史 大村大次郎 その1

元国税局の大村大次郎さんが書いた本ですね。非常に勉強になる本です。 多くのブログなどでも紹介されていますね。 ちょっと書き始めて、長くなりそうなので、何度か分割していきますね。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||…

サブスクリプションサービスあれこれ試してみたけれど

最近はゲームをあまりしなくなりました。移動中にスマホでゲームというのも全くしなくなっています。なんでだろう?と考えてみると、やっぱり時間が圧倒的に足りないからだと気づくのです。コロナの影響で友人と飲みに行ったりすることも長らくありません。…

夢探偵フロイト マッド・モラン連続死事件 内藤了

内藤了さんという作家さんの本を読むのは初めてです。Kindleで手軽に読めるようになりました。随分と以前に読もうと思いながらも積読状態でした。最近、通勤中に読んだり、休憩時間や就寝前に読んだりしています。 この本は、 プロローグ1.幽霊森の研究室2.…

信玄軍旗 松本清張

先程ソフトボールの決勝戦が終わりましたね。アメリカとの頂上決戦を制しての金メダル。堂々たるものですよね。 さて、ずっと積読になっていたKindle本、松本清張さんの「信玄軍旗」を読みました。武田信玄という戦国時代を代表する武将の話です。 // リンク…

明治維新とは何だったのか 世界史から考える 半藤一利 出口治明

こちらの本もKindleで以前に購入したものなのですが、放置していました。そして読んでみたのですが、対談集なのでとても読みやすかったです。 この本の中身 内容について、所感 この本の中身 まえがき 出口治明第1章 幕末の動乱を生み出したものペリーの黒船…

日本アルプス殺人事件 森村誠一

森村誠一氏の古い作品ですが、私も相当前に読んだので、内容が殆ど覚えていないという状況。電子書籍版を入手したので、もう一度読み返してみることにしました。 やはり一度読んだ本というのは、読みやすいですね。読み進めていくと段々と思い出していくこと…

実伝 石田三成 火坂雅志編

Kindleで買ったものでずっと放置していました。あまり長くないので通勤中にサクッと読めます。 若い頃に堺屋太一さんの「巨いなる企て」を読みました。あの本を読むまでは、学校の教科書にある三成像が、何やら気持ち悪くて、嫌いでしたね。徳川時代に「悪役…

高層の死角 森村誠一

昨日もずっと雨、今日もずっと雨が降っていました。職場で「七夕の夜はいつも雨」という会話を小耳に挟みましたが、たしかに雨がよく降る時期ではあります。本日も引き続きかなりまとまった雨が降っていましたね。 かなり以前にセールか何かで買った電子書籍…

野性の証明 森村誠一

www.youtube.com 薬師丸ひろ子さんデビュー作 あらすじ 映画との違い 薬師丸ひろ子さんデビュー作 実は、「人間の証明」よりもこちらを先に読んでしまいました。映画は見ていませんが、高倉健さんと薬師丸ひろ子さんの映画の印象が強いのです。薬師丸ひろ子…

人間の証明 森村誠一

先日散髪屋で森村誠一さんの小説「殺意の造形(ヘアー)」を思い出したわけですが、それをきっかけに森村誠一さんの小説を読んでいます。 tails-of-devil.hatenablog.com 「人間の証明」は私がまだ子供の頃、テレビのコマーシャルをガンガンやっていたのを思…

三毛猫ホームズの駈落ち 赤川次郎

通勤途中に読んでいます。本格ミステリや社会はミステリとも違う軽めの作品ですね。学生時代は赤川次郎は全く読まなかったのですが、この歳になって読んでみると人気があったのがわかるような気もします。三毛猫ホームズシリーズの何作目になるのかわかりま…

三毛猫ホームズの推理

猫はあまり好きではないのですが、小説は面白く読んでいます。赤川次郎さんの本をこの歳になって今更ながら読んでいます。学生の頃とかは、周りの友人達が読んでいたりしたのですが、不思議と縁がないというか、これまでは読書する機会があまりありませんで…

三毛猫ホームズ・シリーズ

おはようございます。 通勤途中で見かける朝顔。 小学校の頃に植えた朝顔は、赤いものや青いものでしたが、これはどちらでもない色。 青と言ってもくすんだ暗い青。 なんとなく不気味な色に見えるのです。 私の心理状態の反映なのか?なんて他愛もないことを…

再発見!多動力 堀江貴文

ホリエモンの本です。当時はPrime Readingで読んだものでした。堀江貴文さんに対して、穿った見方をしていたとうところもあると思います。反省しています。少し読み直してみました。 ビジネスを考え、行動するようになって、最近になってもう一度読み直して…

Kindle Paperwhite Kindle Unlimited 電子書籍

イケハヤさんの本とか、ほとんどがKindle Unlimitedで読んでいる。紙の本も買うけれど、電子書籍で読むことがとても多くなった。電子書籍の話題ということで過去の記事を見たら、なんと11年前から注目はしていたのだ。大したものである。われながら・・・w…

人生の勝算 前田裕二

「メモの魔力」という本が注目された前田裕二さん。「メモの魔力」は読んでみたのだけれど、今ひとつ馴染めず、最後まで読破できず。たぶん「メモの魔力」の読書を再開することはないと思う。という訳で、前田裕二さんとは合わないのだろうと勝手に決めてい…

賢者の書 喜多川泰

Kindle Unlimitedで読んだ。自己啓発本なのだが、物語となっているため、読みやすい。長さもそれほど長くはないので、3時間位で読めると思う。今年という年をはじめるために、良い刺激となった。 過去に読んだことがあるような気がするが、忘れてしまってい…

お買い物 2020年

年末の番組、正月の番組って好き?子供の頃は、親戚の家に泊まりに行って、ワイワイガヤガヤ言いながら、芸能人のかくし芸大会とか見るのが好きだった。 今は、面白い番組って無いなあという気がする。 テレビがつまらなくなったのか、視聴者の好みが多様化…

お笑い芸人を卒業した? 革命のファンファーレ 西野亮廣

革命のファンファーレ 西野亮廣 Kindleで読んでいる。 まだ全部は読んでいないが、しっかりとした内容である。 お笑い芸人風情と思って読んでいるととんでもない。 そもそも今の時代にお笑い芸人風情と思っている事自体が時代遅れ。 お笑い芸人はみんな頭が…

Copyright ©悪魔の尻尾 All rights reserved.