悪魔の尻尾

50代から60代へ~まだあきらめない

タイタニック TV放映(後編)

f:id:tails_of_devil:20210508214911p:plain

先週放映していた映画の後編です。
前編の運命的な出会いと素敵な豪華客船でのひととき。
そこから一転して、事故が発生します。

 

tails-of-devil.hatenablog.com

 

ジャックとローズのロマンスは燃え上がります。
そんなときに、氷山を発見した船員でしたが、全速前進をしており、舵を切るものの巨大な船体は旋回しません。
なんとかギリギリ避けたものの、船腹を削られてしまいました。
被害状況はどうなったのか。
当時としてはとてもハイテクなシステムで、浸水状況がすぐに把握されるようになっています。
船体にはいくつかのブロックに分け、それに浸水をしても他のブロックが問題なければ沈まない設計です。
設計した人物は4つまでなら耐えられると言いましたが、すでに5つのブロックに浸水していることがわかりました。
彼は船長以下主要な乗組員に伝えます。
「この船は沈む」と。
直ちに乗客の避難させるように支持を出します。
同時にこれらを口外しないことも伝えるのです。
沈む事がわかるとパニック状態になるからです。
富裕層ばかりの一等船客を優先します。
そして女性と子供が優先です。
沈むまでのタイムリミットは1時間と予想され、それまでにすみやかに避難させなければなりません。
しかし、上流階級の女性たちは素直に動いてくれません。
ローズの母親はこの期に及んで「このボートは一等船客のボートなの?」とのたまっています。
そして詰め込むのは嫌だとか、わがまま放題なのです。
後のシーンでもありましたが、ボートの定員は65名なのに、たったの12名しか載せていないボートもあったとか。


そういうやり取りも序盤のみで、船が傾き始めると、これは拙いということに気づき始めます。
可愛そうなのは、パニックを起こさないようにと鍵をかけられて、下層の船室から出られないようにされた三等船客たちです。
まるで生きる権利を奪われているようなものです。

甲板で音楽を奏でる音楽隊の人たち。
彼らは運命を感じ取っているのでしょう。
逃げることもしません。
そして逃げ惑い始める乗客を見ながらも演奏を続けます。
いよいよ、傾きがひどくなり、リーダーがこれで解散しようと伝え、楽団員は離れていきます。
しかしリーダーが一人で演奏を始めると、やはりそこに加わってきました。
演奏を終えて、ここまでということで彼らはお互いに称え合います。
どんな苦境にあっても、できることを最大限に行うのみ。
最後までプロとして仕事をしていった人たちです。
1958年の映画でもこのシーンがあり、子供の頃、とても強く印象に残っていました。

船首が沈み、船尾が大きく持ち上がります。
そして船体の真ん中から2つに折れてしまい、一気に持ち上がった船尾が叩きつけられるように下がりますが、またしても折れた中央部から浸水が激しくなって、船尾が大きく持ち上がります。
最後は略垂直のような状態で一気に北極知覚の大西洋に突き刺さるようにして沈んでしまいます。
見事な映像です。
悲劇的な話ですが、映像は見事としか言えないです。
大画面の映画館で、最高の音響効果とジャックとローズのロマンス。
大ヒットして、「リピーター」と呼ばれる何度も劇場に足を運んで映画を見る人達が出てきた映画ですね。
セリーヌ・ディオンの歌うテーマ曲も素晴らしかったですよね。


www.youtube.com

 

この歌と映像は素晴らしいです。
また通して見たくなってきますよね。

 

昔、初めて見たときは、私も妻もまだ若かったわけですが、ローズに対しては冷ややかな評価でした。
没落したとはいえ、貴族。
贅沢な暮らしがそこにはあり、お金のある男と結婚することが決められていたこと。
それに逆らって自分自身の人生を生きようとした奔放な女性というイメージでした。
結婚生活も30年近くなり、娘の結婚というものも実感するとなると、随分と見方も変わるものです。
ローズは知的で、大変賢い女性です。
そして彼女は自分の足で人生を歩みたかっただけなのです。
彼女の人生を「売り物」にしようとした母親が許せない気持ちが強いですね。
そして婚約者キャル。
彼も金持ちであることがすべての基準であった人。
ローズにとっては彼は全く魅力がなく、母親に無理やり結婚させられようとしていたのです。
大富豪(成金)のキャルと持ち金がほとんどない自由な絵描きのジャック。
恋の勝負はジャックの大勝利でした。
キャルにとってはジャックなんてゴミや虫けら同然のような気持ちだったのでしょう。
情けないほどの負けっぷりでした。
執拗にジャックを追い詰めたキャルは悔しさ、惨めさの裏返しだったのでしょう。

 

 

日本という国をタイタニックに例えるというのは、本当に良くないです。
タイタニックは沈むことが決まっているからです。
この国がタイタニックになるのかどうかは、今後のあり方にかかっていますよね。
もう出港しているのでしょうか。
そうでないなら、救命ボートは乗員乗客分は用意しましょう。
乗員乗客分すら用意できていないのに、氷山に向かって走り出してしまわないようにしてもらいたいなあと思いますよね。

老人たちは経済の第一線から退くべき

f:id:tails_of_devil:20210512231530p:plain

ちょっと刺激的なタイトルになってしまいました。
老人に恨みもありませんし、これまで苦労されてきた立派な人をこき下ろすつもりもありません。
ただ、その功績とこれからの時代を作るという点はちょっと分けて考えてほしいと思っているだけです。
そういう私も若くはなく、自分の考えが段々と古臭くなっているという自覚は十分にあります。
だからこその意見だと思っていただければ幸いです。

 



経団連の会長が退任

75歳の方が退いて、後任が70歳。
日本の経済を立て直すなんてことは、とても期待できないですね。
そもそもやりがいのある仕事、自分たちのやりたい仕事に注力する若い世代は、こんな団体に顔を出したりはしないと思います。
老人ばかりのイメージがあり、建設的な意見も通らないような気がします。
こんな高齢者の中で、刺激的な意見が出るはずもなく、当たり前の、綺麗事に終止するコメントだけしかなさそうです。
そういう意味で経団連はもはや名誉職みたいなもので、全く役には立っていないのではないでしょうか。
政治家たちにとのつながり、献金などには影響するのでしょう。
経団連の存在する理由としては、「日本経済を元気にする」ということがありますが、これから何年生きられるかわからないような老人にできるのでしょうか。
(決して老人を侮ってはいませんが、将来というものを30年先くらいまで考えられる人でないと話にならないと思っているだけです)

デジタル庁

デジタル庁を9月1日に発足させるにあたって、500名の人員規模としてスタートするらしいです。
100人以上の民間人採用とか言っていますが、500人のうち100人では全然力不足でしょう。
そもそも有能な100人を活かすためには逆にその他400人は邪魔者以外の何物でもないような気がします。
有能、優秀な民間人がそもそも集まるかどうかも怪しいです。
実績のあるエンジニアをスカウトする能力も多分あまりないのでしょう。
この役所の誰がトップで、その人を補佐する人は誰で、となると誰々のチームのメンバーから何名が連れてこられてと、コネやら派閥やらの息のかかった役人たちがゾロゾロといそうで、本当にこれで改革できるんだろうかと思ってしまいます。
シン・ゴジラ」の政府の対応と同じです。
平井卓也デジタル改革担当大臣が中心となってすすめているようです。
これらの施策に反対するわけではないのですが、この大臣自体がデジタルに特別明るいのか?という点にはとても疑問に思います。
IT改革やらマイナンバーやら日本の情報通信において、その重要な職務を歴任しているものの、どれも決して「成功」したという「成果」はないです。
大した「成果」がなくても「実績」になる政治という世界はよくわかりません。
民間なら「左遷」レベルの仕事しかできていなくても、さも「成果」があったと「自画自賛」する人たちばかりですし、そういう報告書を書かせたら右に出る者がいない官僚たちがそばにいるわけですから。

本当に力のある民間人をそのポストのトップに据えるくらいの大胆なことをしないと、全く改革なんて進まないと思います。
もちろんIT関連のスキル、技術動向に対してのプロです。
まあ、そんな人は政府の主導するこんな組織のお粗末な待遇に、優秀な人材が喜んで来ることはないと思います。
USBメモリの使い方もわからないような人を大臣にするような政治家たちですから、あまりにもお粗末です。
もうITとかデジタルとか言うところには年齢制限を設けて、メンバー全員を40歳未満にするとか、あるいはテストを実施してそれに合格できないような人はそもそもそんな組織に名を連ねては困ります。

優秀な官僚って

官僚は優秀です。
そうずっと言われてきていました。
たしかに優秀です。
学業、勉強、試験と言った学歴社会にあっては、その頂点に立っているのが官僚、キャリア組の人たちで、その点は多くの方が同意していただけることでしょう。
そしてこの優秀な官僚はとても作文の能力が高く、大したことがないことをさも素晴らしいことのようにかきあげたり、都合の悪いことをうまくごまかしたりするのが大変得意です。
私のような平凡な人間には彼らの文章は難しくて読み解けず、結果として何も言えない状態です。
官僚が日本の戦後の経済成長を作り上げたヒーローだと言うのが、昭和の時代の定番でした。
おそらくは城山三郎氏の「官僚たちの夏」あたりの影響もあって、日本の優秀な官僚がとても美化されたのだと思います。
その後の平成は「失われた30年」。
こういう時代にあっては優秀であるはずの官僚は失敗ばかりを繰り返していると思います。
官僚に言わせれば、政治は政治家が行った結果で、官僚はそれに従うだけといった「まやかしの詭弁」を弄しそうですが、日本の政治は自民党ではなく、自民党という神輿を担いだ官僚たちが動かしているのだと思います。
ジャパン・アズ・ナンバーワンと言われた時代、1990年頃まではそうでした。
わずか30年ほどで、これほど情けなく、将来に希望の持てない国になるとは、為政者だけの責任ではないものの、舵取りに失敗したことは確かです。
今までの仕組みをどこかで壊さなければなりませんが、政治の力ではそれが無理だと「民主党」が教えてくれました。
だから「自民党」となったのですが、相変わらずというか状況はひどくなる一方です。

自民党は昔から、当選回数が物を言います。
自然と高齢の政治家が力を保つ構造。
老人となると世を憂うよりも我が身を憂うことが中心になります。
それも仕方がないこと。
だからこそ、一線からは身を引いて静かに余生を過ごしてほしいと思うのです。

f:id:tails_of_devil:20210512231615p:plain

 

テレワークで人流を抑える

f:id:tails_of_devil:20210511201033p:plain

テレワークの相談が昨年よりものすごく増えています。
やはり自宅で仕事をする機会というのは確実に増えていると思います。
しかしながら、通勤電車内を見ると、結構混雑しています。
昨年いなかった学生の姿があり、通勤する会社員の姿もあります。

テレワークをするよう促していると思いますが、これまででそのような対応ができるところや職場は行っていますよね。

仕事の内容によっては絶対にテレワークなんて無理というものもあります。
接客業や医療従事なんて、テレワークでできる部分は僅かです。

大手企業はこれまでにも、情報機器に対する投資も進んでいるでしょう。
しかしながらテレワークができる環境にありながら、様々な「しがらみ」でテレワークをやめて出社している人達が実に多いといいます。
テレワークを実施していたけれど、それをやめてしまったところもあると聞きます。

その理由が上層部の「鶴の一声」だったりします。
年配の方にとってテレワークはたしかに厳しいところもあると思いますが、そもそもこの時代にあって、IT機器の扱いが難しい人が上層部にいるというのもどうなのかと思うのです。

私の妹が過去に努めていたところにいた部長などは「わしの目の黒いうちは、書類は手書きでやってもらう」って言っていたようです。
その理由は、自分がパソコンと言う機械が嫌いだからです。
操作を覚えるのが面倒。
タイピングがうまくできない。
すぐに調子が悪くなる。
調子が悪くなったときにどうして良いのかわからない。
理由は色々あるようですが、そもそも「道具」の使い方を覚えようという気がないわけです。
そんな人が部長をやっているくらいですから、その会社はつぶれてしまったようですが。

そして政府(政治家、官僚)が民間に対して70%のテレワーク率を目指すなんていっていましたが、それを言う前に、まずはあなた方がテレワークをすすめるべきです。
そもそも国会で集まって討論というのも実際は形式ばかりで中身はなく、本当に大切な議論は行われているとはとても思えません。

医療現場と違って、討論なんてものこそ、リモート、テレワークで可能では?と思うのです。
国会議員の先生ならリモートやテレワークなんて直ぐにできるでしょう。
少なくともそれらの設備はすぐにでも余裕で揃えられます。

我々の仕事もお客様と「会話」するだけなので、テレワークが可能です。
しかし、現実には顧客の個人情報などのからみもありますし、クライアントの意向もあるので、テレワークは認められていません。
やろうと思えば、可能なはずなんですけどね。

オリンピック中止の決定はいつ?

f:id:tails_of_devil:20210509112604j:plain

今日は母の日ですよね。
私の母は、当然ながら高齢なのですが、割としっかりと健康に生きてくれています。
大抵のことは自分でできます。
健康に生きるという事がとても大切なことだと思いますね。

母はテレビをよく見ます。
亡くなった父もそうですが、高齢者にとっては手軽に楽しめる道具です。
そんな中、4年に一度のオリンピック競技を見て楽しんでいます。
父はスポーツが得意なタイプでしたが、恵まれない家庭環境でスポーツは全くさせてもらえず、中学卒業後はずっと働き詰めの人生でした。
スポーツで活躍する人に対しては、自分の人生と比べてしまって、面白くないのか、スポーツはあまり見ません。
母は運動神経というものをどこかに置き忘れたのか、とても運動が苦手なタイプです。
体を動かすこと自体は嫌いではないので、太極拳なんかも健康のためにやっています。
私がスポーツは好きなのですが、何をやってもパッとしないのは、母の血を濃く受け継いでいるんだろうと思ったりします。

f:id:tails_of_devil:20210509112521j:plain

 

オリンピック中止の決定はいつ?

さて、オリンピックの中止の決定はいつ出すのか?
という点にちょっと注目しています。
母のようなオリンピックをテレビで見ることが好きな人もいますが、過去と比べて多くの娯楽やレジャーがある時代です。
見て楽しむオリンピックよりも、レジャー施設などを利用して楽しみたいという声も多いです。
それらを利用できない不満もありますし、それを生業としている人たちも非常に大変な状況です。
海外メディアからは、オリンピックというイベントを食い物にしている人たちのために、コロナ対策も不十分なまま開催を強引に進めようとしている日本に対しては冷ややかな意見しか聞こえてきません。
オリンピック開催によって、コロナが拡散するようなことがあれば、その責任は「日本」にあるという論調の海外メディアも多いのです。

 

綺麗事しか言えない人たち

首相の言う「コロナに勝った証としての開催」なんて本当に政治家を含めた上層部の満足でしかありません。
元首相以上に責任があると個人的には思っている安倍前首相は、「オールジャパンで対応すればなんとか開催できると思う」なんてコメントを発しています。
お二方の意見を見て、開催ありきなのですが、どちらも重要な決定権を持った人としては、綺麗事を並べただけの陳腐なコメントだなと言う印象しかありません。
まあ、今に始まったことではないですよね。

コロナに勝てるかどうかなんてわからない、ギリギリのところにまで追い込まれている人たちや企業、飲食店などに対して、よくもまあ言えたものだと思うのです。
そしてすでに崩壊が始まっている医療に対して、どうしろと言うのでしょう。
ボランティアの辞退も増えていると思います。
そりゃそうでしょう。
自らの生活が足元から脅かされている状態で、お国のために「オリンピック」をやろうと思って、行動している人は「マイノリティー」なんです。

少数意見を無視しろとは言いません。
でも世の中の人々がどう感じ、どうやってほしいのか?ということもしっかりと反映しなければならないと思うのです。
もちろん、国民の要望ばかりを叶えろとは言いません。
時には厳しいことを言わなければならないこともわかります。
しかし、国民に要求ばかりを押し付けて、何ら具体的な方針を出せていない現状を見ると、非常に「拙い」としか思えないですね。
昨年1年間何もやってこなかったということに等しいです。

オリンピックとは

オリンピックが開催されるようになった経緯としては、各国における競争の激化で対立が激しくなり、結果「戦争」という外交手段となることを防ぐためです。
そこにはスポーツにおける、正々堂々、フェアな精神というものが本来あるのですが、一方で「メダルの数」という国力のバロメーターのために、外国人選手の帰化やドーピングと言った、とてもフェアとは言えない部分もあります。
スポーツの姿を見て「感動」というのも大方はマスコミに作り上げられた「物語」でもあり、オリンピック自体が大きなショーで、国民は冷めています。
マスコミや関係者がこぞって作り上げる「感動」や「美談」はほんとうの意味での「感動」にはつながらないです。
話がそれてしまいましたね。
平和の祭典としてのオリンピック。
ロサンゼルスオリンピックが転換期だったと思うのですが、オリンピックにも商業主義が持ち込まれました。
ビジネスとしての側面もあります。
それを否定する気はありません。
むしろ、いかなるイベントもその費用という面、運営というものを考慮して、行うのが当たり前です。

 

トップの役割

そう考えると、こんなギリギリまで中途半端な形で開催すると言い続けている現政権には「意思決定」というものの重要性がわかっていないのかな?と思ってしまいます。
リーダーたるものは、一度決めたことは絶対に覆さないという強い「意思」も時には必要でしょうが、私としては「朝令暮改」も全然オッケーと言う感覚のほうが強いです。

むしろ、変化が激しく、スピードが求められる現在にあって、「朝令暮改」できない人はダメだろうと思います。
「零細企業のトップじゃないんだから、朝令暮改はあかんで~」という声も聞こえてきそうですが、そこは「正々堂々」と詫びればいいと思うのです。
大切なのはその時点で一番良い選択をすること。
そしてトップというのは重要なことに対して意思決定をすることです。
責任も当然重大です。
武士なら「腹を切る」覚悟ですね。
トップというものは常にそういった「覚悟」と背中合わせなスリリングな「仕事」であるはずです。

決定を覆すタイミング

決定したことを改める場合、ギリギリに変更されるのと、早めに変更するのとでは、早いほうが良いと思っている人が圧倒的でしょう。
末端の電話対応でのクレームでも、「早期」に手を打てば、なんてことない場合が多いのです。
クレームになるのは、「初動」の拙さというのがとても多いのです。
そういう意味で、「オリンピックの中止」決定は早いに越したことがないのですが、ギリギリまで頑張るという方針を立てたものだから、「メンツ」にこだわっているのかな?としか思えないのです。
ダメな組織、アホなトップの典型的な例ですね。
私の論調は「中止ありき」で申し訳ないのですが、開催しても中止しても、とてつもなく巨額の損失を計上するのは避けられませんね。
今更とやかく言っても仕方がないですが、「オリンピックの開催」と「国民の生活の不安」とを天秤にかけた場合、どちらが重要なのかはわかりきっていることです。

こんな基本的なこともわからない人たちが国を動かしていることがこの国をおかしくしていっているんだろうなと思うのですね。




映画タイタニック

f:id:tails_of_devil:20210508214911p:plain

タイタニックは劇場では見ていないのですが、DVDやら放送やらで、何度も見ました。テレビで放映しているとついつい見てしまいます。
かなり長い映画で前編後編に分けて放映というのが始めてみた人には、ちょっと興ざめするかもしれません。
若い世代の人にとってはとても古い映画。
1997年公開でしたから、20年以上前の映画。
個人的にはそんな前の映画だったのかという印象。
道理で自分が年をとっているわけですね。

レオナルド・ディカプリオはやっぱり若くて格好いいですし、彼の人気ぶりがすごくて、ヒロインのケイト・ウィンスレットが結構叩かれていたなあ、という記憶があります。

自由奔放に生きる、若き画家のジャック。
借金まみれの没落貴族の娘であるローズ。
史実として残っている大惨事であるタイタニック号の沈没という記録を全く違う生き方をしてきた若い二人の出会いをメインにしたラブストーリーです。

記録映画のイメージの強かったモノクロムービーのタイタニック(1958)という映画。
子供の頃見て、とても印象が強く残っています。
その頃の記憶がかなり強いのか、タイタニックの映画でも同じようなシーンが記憶をよぎります。
今回はまだ放映していませんが、沈む直前まで音楽を奏で続ける楽団員たちがその代表的なシーンですね。
逃げるのを諦めて、二人で手を取り合って沈む船と運命をともにする老夫婦というシーンも印象があります。


沈みゆくタイタニック号で、大切なのは乗客をできるだけ、生存させること。
救出することです。
しかし、救命ボートは美観を損なうという理由で、圧倒的に不足していました。
救難信号として無線でSOSを発した最初の船だったとも言われています。

タイタニック号には様々な黒い話もあります。
実は沈んだのはタイタニック号ではなかった友いわれています。
処女航海で沈没し、1500名もの死者を出した最大級の海難事故ですが、多額の保険がかけられていたなど不審な点がいくつも見つかっています。
いずれにしても多くの乗員乗客が犠牲になったことは事実で、悲劇です。

沈みゆく船で慌てる乗客たち。
後半はパニック映画としてのシーンが増えてきます。
船が氷山に激突し、大きな損傷を負ったことを船長以下は知っています。
そしてこの「不沈船」とまで言われたタイタニックが沈むということを認識したのはいつのタイミングだったのか。

航路は極寒の北極付近です。
海へ飛び込むとほぼ短時間で人間の体力は持たないでしょう。
救命ボートの数は乗客乗員の数には全然足りていません。
沈むことがわかったときにどのような判断をしたのか?
すみやかに乗客を避難=救命ボートへと誘導しますが、豪華客船に乗り込む富裕層たちは、この寒い中、ボートに乗り込むことを拒みます。
沈まぬ船という触れ込みもあった当時のハイテク技術を詰め込んだ最大級の豪華客船です。

しかし、それまではのんびりと構えていた乗客たちも、船が傾いてくると、一気に危機を感じ始めます。
上層部の乗客たちが慌て出しているときに船の下層にいた乗客の船室には大量の海水が流れ込んでいたことでしょう。
「高級な」乗客を救出するために、下層部の扉を施錠し、彼らは見捨てられたとも言われています。

巨大な豪華客船「タイタニック」を日本の国に見立てる人もいます。
沈みゆく船をどう立て直すか、全員は助けられないとなったときに、やはり助けられるのは「上級」国民だけで、「下級」国民たちは、身動きすら取れなくされて見捨てられるのでしょうか。

コロナの影響により、経済的にも危機に追い込まれている状況。
先の見えない状況で、同じ言葉を繰り返すばかり。
安心感を与えるような施策はなく、国民に対しての要望ばかり。
こんな中でオリンピック開催のために、チグハグな印象がある政府を見ていると、やりきれない気持ちになります。
個人的には頃な問題が起きて延期となってからはずっと、オリンピックは無理だと思っています。
オリンピックのために、人生をかけてトレーニングとかに励んでいる選手たちには申し訳ないですが、それも仕方がありません。
戦時中と同じです。
スポーツどころじゃないです。
安倍元首相や菅首相が「綺麗事」を言っていますが、国民の安全を守ることすら厳しい状況で「綺麗事」ではすみません。
オリンピックは直ちに中止し、コロナに対する方針は、小出しばかりの施策ではなく、「骨太」な方針を打ち出してもらいたいです。

 
ちなみに「タイタニック」号ではなく、疑惑のあった船は「オリンピック」号だったとも言われています。



 

Copyright ©悪魔の尻尾 All rights reserved.