悪魔の尻尾

50代から60代へ~まだあきらめない

デンジャラス・ラン デンゼル・ワシントン&ライアン・レイノルズ

画像はU-NEXTより

U-NEXTで視聴しました。

映画の概要

監督:ダニエル・エスピノーサ

脚本:デヴィッド・グッゲンハイム

製作: スコット・ステューバ

製作国:アメリカ合衆国

公開:2012年

上映時間:115分

製作費:85,000,000ドル

興行収入:208,000,000ドル

キャスト

トビン・フロスト:デンゼル・ワシントン

マット・ウェストン:ライアン・レイノルズ

アナ・モロー:ノラ・アルネゼデール

キャサリン・リンクレイター:ヴェラ・ファーミガ

デヴィッド・バーロー : ブレンダン・グリーソン

ハーラン・ホイットフォード:サム・シェパード

ヴァルガス:ファレス・ファレス

 

ストーリー

CIA工作員であったトビン・フロストは祖国を裏切った売国奴としてとても有名な人物です。
もともと凄腕のCIAの工作員で、危険人物として長らく国際指名手配になっている人物です。
彼はケープタウンにやってきて、古くから付き合いのあるスパイの仲間からある情報を受け取ります。
その後、その友人は射殺され、彼も謎の一味に命を狙われます。
進退窮まった彼はやむなく合衆国の領事館に逃げ込みます。

ケープタウンにはCIAの職員として「SAFE HOUSE」を確保するメンバーがいます。
いわゆる工作員その他が利用するための隠れ家です。
マット・ウェストンはその「SAFE HOUSE」の番人で、フランス人の医師の恋人のアナがいます。
普段はただ電話の番をするだけの退屈な生活。
アナと幸福な生活を送るために上司のデヴィッドにパリ行きを申し出るのですが、なかなか受けてもらえません。
そんな折、大物スパイで裏切り者のトビン・フロストを現地で取り調べることになったということで彼の「SAFE HOUSE」が使われます。
ところが、トビンの命を狙う者たちが極秘とされる「SAFE HOUSE」を急襲します。
そして尋問を行っていたCIA職員たちを抹殺。
トビンをも探して殺そうとするのですが、マットとともに脱出します。
もちろんマットはトビンに気を許していませんが、トビンの言葉にも引っかかる部分がありました。
トビンはCIAの中にも裏切り者がいて、そのものたちに利用されるだけだと言うことを説くのです。
彼はCIAの指示に従い、サッカーのスタジアムに行きますが、そこでトビンは逃走します。
トビンの逃走によって任務から外されるマットですが、彼はこの地を知りぬいた人物。
単独でトビンを追いかけます。
そして恋人のアナに真実を告げて別れを言うのです。
トビンを捕らえることができるのか。
またトビンが言う裏切り者とは誰なのかということも考えていくマット。


 

感想

大方の予想通りになる展開で、見ていて安心感のあるストーリーですが、アクションと言うか展開はスピーディで見ていてつまらなく感じることはありませんでした。
やっぱりデンゼル・ワシントンはこういう役が似合っていますし、キャリアの浅いCIA職員ながら、正義感の強い人物をライアン・レイノルズが好演しています。
ライアン・レイノルズといえばかなりコミカルなキャラクターが多いのですが、今回ばかりはずっとシリアス。
ちょっともったいない気もしますが、この映画の内容で彼の特徴であるコミカルな演技は全く不要でしょう。
それ以外のキャストとして最近よく目にするヴェラ・ファーミガ
悪女役が多いので今回も彼女が裏切り者?という気も少ししましたが、そうではなかったです。
ちょっともったいないキャストかな?という気もします。
そしてターミネーター2でT-1000を演じていたロバート・パトリックが最初の「SAFE HOUSE」でトビンを尋問するリーダーを演じていました。
当時はジェームズ・ディーンのような雰囲気でしたが、すっかりと年配の親父になっていて名前を見なければわかりませんでしたね。
またリメイク版の「ロボコップ」を演じていたヨエル・キナマンという俳優も終盤の少しの出番しかありませんでしたが、マットと同じ立場の「SAFE HOUSE」の番人として登場し、マットと死闘を演じます。

 

tails-of-devil.hatenablog.com

tails-of-devil.hatenablog.com

 

黒幕に雇われていた殺し屋のボスであるヴァルガスを演じていた俳優ですが、全然シラない人ながら、殺し屋がピッタリの風貌で雰囲気が出ていました。
マットの恋人役のアナ・モローを演じていたノラ・アルネゼデールという女優さんですが、とてもキレイでスタイルも抜群な女性ですね。

覚慶の長く暑い夏 中南元伸

画像はAmazonより

kindle unlimitedにあったこの本。
ダウンロードしたのは良いけれど、そのまま放置になっていました。
スキマ時間を利用して読みました。

 

覚慶という文字を見てすぐに足利義昭を思いついた人はかなりの歴史ファンでしょう。
学校の教科書で習うときは足利義昭で、出家していたけれど還俗して将軍となった人物ですね。
著者の中南元伸さんは、先日読んだ「筒井順慶の悩める六月」以来です。
時代はかなり違いますが、歴史の表舞台に名前は登場するものの主役になりきれなかった人物という点では同じです。
ただ、筒井順慶と違って覚慶は室町幕府の将軍にまでなる方。
さてどんなものかと楽しみながら読み始めました。

 

tails-of-devil.hatenablog.com

 

歴史小説ですから、ストーリーは史実通りなのですが、足利義昭を主人公にした小説だけあって、どのような流れで将軍になったのかがポイントです。
始まりは第13代将軍である足利義輝三好三人衆たちに討たれてしまったところからになります。
それまでは一乗院で僧侶として過ごしており、その名前が覚慶。

この物語で登場するのは

覚慶、のちの足利義昭(義秋)は主人公なのでもちろん登場シーンが多い。

松永霜台(松永弾正少弼久秀)は脇役ですが、役どころ多し。

松永久通 松永久秀の息子でまだ若く、あまり細かいことはわかっていません。

三好三人衆三好長逸岩成友通三好宗渭)三人衆とまとめられているように十把一絡げの扱いであまり目立ったところはありませんが、長慶時代から引き続き松永久秀に三好党が牛耳られているため面白くありません。

三好義継 ザ・神輿の上の人、若輩で本人も思慮不足。
長慶の跡を継いだことと、三人衆に乗せられて将軍になれると思っている愚かな男。

慶寿院 義輝および義昭(覚慶)の生母で、へそ曲がりで政治に口を挟む悪女役。

御所巻という将軍に対する直訴(強訴)は基盤の脆弱な室町幕府では過去にも何度もあったことですが、今回の御所巻では、足利義輝が志望します。
言ってみれば、これらのスケールの小さい武将たちが権力を争ったがために起きた事故なのです。

更にこの後の物語の展開は、次の将軍をするために覚慶を還俗させて将軍職にするということです。
ところがこの覚慶は「麿は将軍なんかになりとうない」と言い続ける人物。
そこにはこの人物のちょっと拗ねたところや、一乗院門跡という僧侶としては高位ながらもある意味気楽に堕落した生活を楽しんでいるところがあります。
彼の世話をする珍念という小僧から見ても、30歳にもなろうかという立派な大人の覚慶が子供っぽく写っていることからもわかります。
覚慶は、文泉という未亡人で尼僧を愛人としている生臭い僧侶ですが、足利将軍家嫡流ということで特別扱いを受けているわけです。
こんな放蕩癖のある人物でも血筋というものが物を言う時代。
覚慶は早速松永久秀の管理下に置かれるのです。
松永が面白くない三好三人衆によって新たな将軍を担ぎあげられたのが第14代将軍足利義栄です。
そして彼らは担いだ神輿にとって邪魔な覚慶を亡き者にしようと松永久秀に命令をするのですが、野心家の彼はのらりくらりと情勢を見ながら対応します。
そんな双方との覚慶を巡る争いに加わったのが、明智十兵衛光秀と筒井家の侍大将の島左近清興と島左近の舅の北庵という医者です。
ここからは北庵という人物が大活躍するのですが、彼の言葉は「アレ、ソレ」ばかりのわかりにくい日本語で、その言い回しが皆に伝染します。
まるで阪神の岡田監督みたいですよね。
この北庵が物語を面白くかき回してくれます。
結局のところ、彼らの覚慶救出作戦が成功するまでの話で、「嫌や~、将軍なんぞなりとうない」と駄々をこねていた覚慶も最後は腹を決めて将軍になり、麿という一人称も辞めてしまうという話です。

いや、まあ、面白いです。
関西人には。
関西風の言葉でコテコテですけれど、三好三人衆松永久秀たちとの三つ巴の中でのやり取りですね。

 

 

 

大腸検査と胃カメラ 不快な思いと裏金問題への静かな怒り

 

健康診断に行ってきました。
毎年健康診断がありますが、今年は大腸検査、胃カメラとどちらも始めての検査を受けることになりました。

どうせ検査だから大したことはないと思っていたのですが、なかなか大変でした。
まず、前日の夜は早めに食事を済まさないといけなかったのですが、時間切れで晩御飯は食べられず。
もちろん次の日の朝も食べていませんから、検査が終わるまで24時間以上食事を抜いたことになります。
食べることができないというのは結構ストレスですね。

前日の夜に下剤を服用。
朝は5時に起床。
そして腸管洗浄剤のモビプレップに少しだけ温めた水を入れてよくかき混ぜます。
2リットルもの量で、それを1時間半かけて1.3リットル飲みます。
1.3リットルの半分の量に当たる650ミリリットルの水を間に飲みます。
お腹は空いているけれど、こういう食品でもないものを体に入れて、お腹は張ります。
そして猛烈な便意が襲いかかります。
トイレに行っては出てきての繰り返し。
その様子は、ウォシュレット逆噴射のような状態です。
それくらいの勢いで便器に吹き付ける謎の液体(自分の水のような便ですが)。
いや、気分が良いはずがありません。
病院へ行く時間が近づいてくるのに、お腹が収まらないので焦ります。

結局、落ち着いて外に出られるようになったのは、健康診断に間に合うかどうかギリギリの時間でした。
なんとか間に合ったものの、そこから健康診断を受けます。
その後、大腸検査と胃カメラの検査です。
どちらも経験者から話を聞いていますが、なんとも嫌な感じしかしません。
大腸検査前にはトイレで便のチェックをされます。
完全に便のカスがなくなるまで看護師の方にチェックされるわけですが、なんとも言えない気持ちになるものです。
そして大腸検査。
肛門から突っ込まれるわけですが、鎮静剤を使っているため、意識は朦朧としていました。
多分意識がしっかりあればかなり苦痛だったと思いますが、鎮静剤が聞きやすい体質なのでしょうか、ほとんど無意識のまま検査が終わりました。
胃カメラの方も通り道を通すために鼻の穴に麻酔薬を注射器のようなもので投入され、管を入れられるのですが、このときが一番不快感がありましたが、実際に始まったのがいつだったのかわからないほど意識が朦朧としていました。
検査後、起き上がるときに、看護師に声をかけられましたが、フラフラです。
あのお尻の部分に穴の開いている紙パンツを履いている姿はなんとも情けない格好です。
とりあえずふらつく体のまま、着替えてクリニックを出ていきました。
お腹の調子はいまいちでしたが、空腹でした。
家についてホッとしたので、晩御飯はいつもどおり美味しく食べられました。

検査の待ち時間の間、スマートフォンYouTubeなどの動画を見ていました。
いま話題になっている裏金問題です。
考えれば考えるほどムカつく話です。
もっとホッとするような動画を見れば良かったと思いますが、やっぱりこの問題は捨て置けません。
以前は家業ですから自営業、税金の話はある意味汚いことばかりです。
税務調査が入ったら「お土産」が必要なんですね。
つまりきちんとつけて、きちんとしていたら何も出てこない。
本来はそうあるべきはずなのに、それではいけないんですね。
それでは税務調査をしている税務署が困るということらしいです。
だからちょっとくらいは見つかるようなところを残しておいて、そこをつつかれたら、誤って修正申告に応じる。
これが「お土産」らしいです。
それはそれでおかしい話ですが、今問題になっている自民党裏金問題、脱税問題はこういうレベルの話とは違います。
そもそも税務に関わる行政の要は財務省ですし、その長といえば、財務大臣です。
その財務大臣の発言がこれですからね。
X(Twitter)で「#確定申告ボイコット」というのがトレンドになったりとか、税務署もクレーム対応に追われているとか。


www.youtube.com

もうなんというか、言い逃ればかりで腹立たしい限りです。
こんな爺はさっさと大臣を辞めて、ついでに議員も降りてもらいたい。
とにかく仲間内には大甘な人間たち、それがジミントー、セイケンヨトーですね。
民主が酷いとか言っていましたけど、ここまで酷くはなかったと思いますね。
誰がやっても一緒だとしても、悪い奴らはそれ相応の報いを受けて退場するのが筋でしょう。


www.youtube.com

 


www.youtube.com

 

もうね、白々しいというか、全部ウソで塗り固めているけれど、調べれば全部ボロが出てくるんです。
税務署、国税はなぜそれ以上突っ込めないのでしょうかね。

 

体調の悪さと気分の悪さが重なり、怒りがふつふつと湧いてきます。
体調の悪さは検査のせいで、医療関係者の方には本当に大変だなと思います。

しかし、政治家に対する気分の悪さは許しがたいです。
こんな議員を選挙で選んだのは国民ですが、一部の既得権の塊である後援会の人間たちクソ野郎ばかりなんでしょう。
選挙に行かない国民も悪いです。
選挙に行って、クソ野郎に担ぎ上げられた神輿の上に乗っかる議員なんて叩き落してやりましょう。
本当に腸管洗浄剤を政界にぶち込んで綺麗サッパリ洗い流したいですね。
カスが残らないようにね。

Copyright ©悪魔の尻尾 All rights reserved.