悪魔の尻尾

50代から60代へ~まだあきらめない

読書

覚慶の長く暑い夏 中南元伸

画像はAmazonより kindle unlimitedにあったこの本。ダウンロードしたのは良いけれど、そのまま放置になっていました。スキマ時間を利用して読みました。 覚慶という文字を見てすぐに足利義昭を思いついた人はかなりの歴史ファンでしょう。学校の教科書で習…

遊星からの物体X

映画会社のポスターより 1982年に公開されたジョン・カーペンター監督作品の代表作の一つです。カルト的な人気というか、いまだにこの映画についてはあちこちで語られる作品です。長年の時を経て、2011年には続編というか、この物語の前日譚を描いた「遊星か…

ひとまず上出来 ジェーン・スー

Amazonより なんとなく面白そうで手に取った本。電子書籍なのでもちろん物理的に手にとるわけではないけれど。Kindle Unlimitedにあったので読んでみました。名前から、アジア系の人、日系人を想像していたけど、普通の日本人なんですね。騙された。エッセイ…

婚活中毒 秋吉理香子

画像はAmazonより 通勤時にサクッと読んだ本です。いつものようにKindle Paperwhiteで読みました。Kindle Unlimitedにあります。4つのストーリーが入った短編小説ですね。 理想の男 婚活マニュアル リケジョの婚活 代理婚活 感想 理想の男 付き合っていた彼…

踊る手なが猿 島田荘司

画像はAmazonより 島田荘司さんの短編集です。通勤時にいつも通り、愛機Kindle Paperwhiteで読みました。短編集となっていますが、1話のボリュームはあります。 踊る手なが猿 Y字路 赤と白の殺意 暗闇団子 感想 踊る手なが猿 新宿地下街の喫茶店に勤める三十…

信仰 村田沙耶香

画像はAmazonより 電子書籍なので、こういう装丁というのは知らないですし、こんな帯がついていたこともブログを書くときに知りました。そそいて米シャーリィ・ジャクスン賞中編小説部門候補作という何やらすごそうな感じもします。村田沙耶香さんは「コンビ…

無理ゲー社会 橘玲

Amazonより 以前本屋で少しだけ立ち読みしていた本です。興味はあったのですが、結局買わずじまい。記憶から消えていたのですが、Kindle Unlimitedにあったので、読んでみました。 いつものごとく通勤電車での空き時間を利用しての読書です。 この本の目次 …

筒井順慶の悩める六月 中南元伸

Amazonより 中南元伸さんの歴史小説です。失礼ながらお名前も知らない作家さんでした。筒井順慶という戦国大名としてはなんとも微妙な主役になりづらい人物を描いた小説です。 関西人には筒井順慶の話す言葉が妙に生々しくて、大変面白かったです。戦国時代…

コンビニ人間 村田沙耶香

Amazonより 冬至ですね。帰宅してオフロに入ったら、柚が入っていました。嬉しいですね。きっと母親が買ってきたものだと思います。 さて、本日ご紹介するのは、「コンビニ人間」という小説。 芥川賞作品となったときから気になっていたものの、ずっと読んで…

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 スティーグ・ラーソン

Amazonより ミレニアム3部作の映画を見たあと、他にも読みたい本があるのに、気がついたらこの本をポチっていました。とはいえKindle本なので、実際に荷物が届いてということはありません。 映画はかなり以前にAmazonで見かけていてやめてしまっていました…

真夜中の金魚 福澤徹三

Amazonより ファンの間では「マヨキン」と呼ばれているということを後で知りました。ピカレスクロマンとか書かれていますが、そもそもピカレスク文学というものがどういうものかわかっていませんが、いわゆる社会では不良やチンピラと呼ばれる青年を主人公に…

正欲 朝井リョウ

Amazonより 妻が購入してきた本です。文庫本なのですが、紙の本を読むのは久しぶりです。紙の本というのもいいものですが、文庫本は文字が小さくてやっぱり大変だな~と思うこともあります。電子書籍では、結構大きめの文字で読んでいたりしますし。カバーの…

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士

画像はAmazonより ミレニアムシリーズの3作目の映画です。この映画はダニエル・クレイグ主演のハリウッド版を見てから始まりました。その後、オリジナル作品の「ドラゴン・タトゥーの女」「炎と戯れる女」と見てから続けてこれを見ています。この3部作が一…

ミレニアム2 火と戯れる女 完全版 

Amazonより ゆっくりとブログを書こうという時間があまりとれなかったですね。本も通勤の時や寝る前くらいで、ゆっくり読んでいません。ともあれ、以前から続編を見たいと思っていた作品。Amazon primeで見ました。 スティーグ・ラーソン原作のミレニアム・…

ニューロマンサーとサイバーパンク2077

Amazonより 衝動買いなのですが、以前からちょっと興味のあった「ニューロマンサー」という小説をAmazon Kindleにて購入しました。まだ全部は読んでいないのですが、もはやわからない言葉の連続でとんでもない状態になっています。難読というか、読みづらい…

天国からの銃弾 島田荘司

画像はAmazonより いつものように通勤時に読んでいた本です。それほど長い時間乗っているわけでもなく、最近は眠くて通勤中に本を読むとついうつらうつらしてしまったりとかですけどね。 あらすじ ドアX 首都高速の亡霊 天国からの銃弾 感想 あらすじ ドアX …

秋山善吉工務店 中山七里

タイトルからは想像できない展開になった小説です。面白かったですね。 この本の目次 登場人物 あらすじ 感想 この本の目次 一 太一、奮闘する 二 雅彦、迷走する 三 景子、困惑する 四 宮藤、追及する 五 善吉、立ちはだかる 登場人物 秋山善吉この物語のタ…

海を抱いたビー玉 森沢明夫

Amazon 休みたいな~と最近激しく思うことがあります。帰宅が遅くて、自宅で時間があんまり取れないのですね。森沢明夫さんの本です。いつも通り通勤時間を利用して電子書籍で読みました。実話がベースになっているようですね。 この本の目次 あらすじ 感想 …

海が見える家 はらだみずき

Amazonより 相変わらず帰宅は遅いですね。最終電車に乗れない時間帯です。食事をして帰宅するので、こんな時間になってしまいますね。 Kindle Paperwhiteで通勤のときなどで読みました。スラスラと読める文章なのですが、なぜかこの作品を読むタイミングが合…

あの日、松の廊下で  白蔵盈太

Amazonより 「討ち入りたくなかった内蔵助」を読んだ後、この本を読まねばならないと思ってすぐに読み始めました。時間的な順序から言うと、「松の廊下事件」が先にあります。しかし、この本を先に読んでしまうと、「討ち入りたくなかった内蔵助」がちょっと…

討ち入りたくない内蔵助 白蔵 盈太

画像はAmazonより 白蔵盈太(しろくらえいた)さんの本です。少し前に読んだ「義経じゃないほうの源平合戦」がとても面白かったので、この本に興味を持ちました。 tails-of-devil.hatenablog.com 大石内蔵助といえば、”忠臣蔵”、”赤穂浪士”。超有名な物語で…

見えない女 島田荘司

画像はAmazonより あらすじ インドネシアの恋唄 見えない女 一人で食事をする女 感想 あらすじ インドネシアの恋唄 主人公は、東京に住む大学生です。簡単な旅行手記を出すだけでいいと言われ、無料で海外旅行に行けることになりました。インドネシアに旅立…

名探偵ポアロ ベネチアの亡霊

私は名探偵ポアロの映画はまともに見ていないのですが、妻は、「オリエント急行殺人事件」、「ナイル殺人事件」のどちらも見ていて、この作品を見ようと言うことになりました。ミステリーの女帝アガサ・クリスティが原作ですが、「ベネチアの亡霊」という作…

震える天秤 染井為人

染井為人さんの「震える天秤」という小説を読みました。今まで2作品を読んだのですが、今回の作品もとても面白かったですね。 デビュー作品で評価の高い「悪い夏」。コメディ要素もあるのですが、題材が生活保護やら貧困やらで、それを笑いに昇華するには渇…

青森ドロップキッカーズ 森沢明夫

森沢明夫さんの小説です。津軽百年食堂、ライアの祈りと同じシリーズに位置付けされるのかと思っていたら、ストーリーは全く違います。大森桃子さんという登場人物がでてきますが、特に主人公でもなくこの物語では脇役ですね。なので、この本から読み始めて…

特殊清掃人 中山七里

先日、ブラブラと歩いているときにすれ違った若者を見て、何かを思って、それをネタにブログにでも書こうと思っていたのですが、肝心のその内容が思い出せない!!!ああ、メモでも取っておくべきだったと思いつつも、忘れてしまったことは仕方がない。それ…

毒を売る女 島田荘司

8月もあっという間に終わった気がします。もう9月ですね。朝夕が少し涼しい風が舞い込むようになったかな?と思いますが、日中は相変わらず暑い日が続きますね。 通勤中に読んだ、島田荘司さんの短編小説集です。 毒を売る女 渇いた都市 糸ノコとジグザグ ガ…

義経じゃないほうの源平合戦 白蔵盈太

本屋さんでこの本を見かけて手にとってレジに持っていこうとしたのはおよそ半年ほど前のことだったと思います。本を買って読み終えるとせっせとブックオフにもっていったり、ネットで売りさばいてくれる妻を思い出し、そっと元の位置に。というわけですっか…

天化JK ヤマダマコト 天化シリーズ本編の番外編?

ヤマダマコトさんはAmazon Kindleにおけるセルフ・パブリッシングの世界では結構有名なんではないかと思います。前々から読もうと思いつつ、放置でしたが、この度通勤などで読みました。 本編はこれまでに読了済み。ラノベのようですが、しっかりとしたスト…

ストーリーで学びなおす 大人の日本史講義 野島博之

Kindle電子書籍です。 サブタイトルに「古代から平成まで一気にわかる」となっているように、日本史の流れを一気に把握するにはちょうどよいです。学生時代には1年間かけて学んだ日本史を、受験などとは関係なく、大人の教養としての本ですね。 この本の目次…

Copyright ©悪魔の尻尾 All rights reserved.