悪魔の尻尾

50代から60代へ~まだあきらめない

定額サービスを支えている「解約しない」人たち

 

帰宅が遅くなりました。
下書きしていた内容に追記しての投稿です。

 

news.yahoo.co.jp

 

Netflixの契約者数が10年ぶりに減少したというニュースを目にしました。
サブスクリプションサービスの先駆けとなった同企業、サービスですが、その後の競争が激しくなったこと、そしてロシアによるウクライナ侵攻の影響でロシアでのサービスが停止。
コロナの巣ごもり需要が一段落。
様々な要因があり、加入者が減少したとなっています。
目下のライバル、Disney+の影響もあると思っています。
魅力的なコンテンツを提供し続けても、視聴者は飽きてきますし、何よりも一人の人間が持つ時間は有限で、様々なサービスがある中でNeflixだけが勝ち続けるというのも難しいのでしょう。


個人的にはNetflixは、そこコンテンツの良さも、サイトの使いやすさ、速度と言った点で高い評価をしています。

それでも契約者数が落ちたことにより、投資家たちが資金を引き上げてしまったのか、株価が急落。
急成長したニュービジネスは成長があればこその株価であり、それは期待値なのでしょう。
契約者数が減少したことにより、一気に投資マインドが下がってしまいました。
コンテンツのクオリティの高さから、Netflixには頑張ってもらいたいものです。

news.yahoo.co.jp


高い評価をしつつも、ずっと契約したままというわけではなく、見る時間があまり取れそうにない時期には解約しており、見たいコンテンツがあり、時間が取れるようならまた契約するということを何度か繰り返しています。

それはDisney+も同様で、ずっと契約したまま、ほとんど見ないのに契約を続けているということはありません。

ビジネスをしている方からすれば、ずっと契約を続けてほしいものだと思いますが、そこはシビアに考えて利用したいものです。

 



契約はしたものの、あまりサービスを利用しない人たち、いわゆる幽霊会員によって成り立っているサブスクリプションサービスというものがあります。
あえてそれを狙っているとしか思えないようなものとしては、回線契約のときにほとんど無理やり付帯させられるオプションサービス。
画面の保護シートも月額で購入できたりとか。
あんなものは一度貼ってしまえば当分使わないので、それで毎月料金を支払っている人の感覚の方を疑いますが、その場で支払う必要がないので、ついでに契約してしまうのでしょうか。
MicroSDカードなども同様ですね。
普通に購入すればとても安いのに、携帯ショップで薦められるままに購入したりとかね。
音楽聴き放題サービスなんかもそうですね。

これはオプションサービスを1ヶ月間無料ですのでつけておきますよ~的なものから、オプションサービスを一定期間契約することで様々な割引をするといったものまでいろんな形があると思います。
だから一方的にサービス提供者が悪いのではなく、「餌」におびき寄せられた人たちにも問題があるのですが、無料期間が終わっても、日常の忙しさによって、それらを忘れてしまっていることは多々あります。
1ヶ月後にきちんと思い出して、解約手続きをすると言う人は少なく、そのままダラダラと契約し続けている、つまり低額の料金を払い続けているんですね。

オンラインゲームをするためのPlaystation PlusNintendo Onlineといったものも、契約後自動継続扱いになっていれば、そのまま毎月契約のタイミングで自動的に継続されています。
ゲームをしようともしなくともです。
フレッツ光などを契約しているお客様向けのサービスとして、NTTのリモートサポートというものも、サービスの内容から言えば、「破格」のサービスです。
光回線を利用しているっユーザーでこのサービスを契約している人が、どれくらいの頻度でこのサービスを利用しているのかわかりませんが、どう考えても、毎月550円でリモートサポートし放題ということはありえないと思うのです。
つまりは、一度も利用しないけれど、無料で契約してそのままになっている人たちがいてこそのサービスなんでしょう。

ヨーロッパではそういう「姑息な」サービスを許さないと言う考え方が強いのか、自動継続サービスに対してかなり強い警告を発しています。

www.itmedia.co.jp

 

知らない間に契約をしていて、知らない間に継続していると言う幽霊会員。
そういう人たちが大勢いて成り立つサービス。
やっぱりどこかおかしいと思いますね。

Copyright ©悪魔の尻尾 All rights reserved.