悪魔の尻尾

50代から60代へ~まだあきらめない

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け

f:id:tails_of_devil:20210227091514p:plain


 

昨日の夜、金曜ロードショーで放映していましたね。

息子と妻は映画館に見に行っていたらしいです。

私はのけ者?と一瞬思いましたが、仕事のシフトの関係で無理だったみたいですね。


ノーカット版ということでかなり長い時間の映画でした。
間にCMもしこたま入りますし。

ストーリーのネタバレも見ていないので、それなりに楽しめました。

スターウォーズというよりも、ハリーポッターのようなイメージの映画でしたね。

ネタバレになりますが、あのシスの「皇帝、パルパティーン」は生きていたのです。
というか、肉体的にはほとんど死んでいるけど、フォースは健在というところでしょうか。

そういった点でも、まさに「名前を言ってはいけない人:ヴォルデモート」と同じ立ち位置です。

スターウォーズが、スターウォーズらしいところというと、ものすごい大きな、とてつもないだだっ広い宇宙を舞台にしているのですが、人間関係はものすごく小さいところで動いています。


詳細な点は、ファンの多い映画ですから、調べればいくらでも出てきますので割愛しますが、そういった点は映画シリーズが進むごとにより強く感じますね。

ご都合主義。
映画ならではということで。

娯楽映画ですから、そこにいろんな感情を持ってくるのではなく、素直に楽しめたらいいのです。

ただ、もうこのシリーズは飽きたかな?という印象が強いですね。

「フォースの覚醒」のときのワクワク感が持続しなかったですね。
背景となる時代、世代、登場人物こそ変わりましたが、やっている事自体は同じようなことでしたからね。


このシリーズの1作目である「フォースの覚醒」を見た時も、映像は綺麗だし、監督は若手のホープだし、出来の悪い映画になるはずがなく、作品自体もきちんとまとまっているのですが、ファンだから楽しめた作品で、初めて見る人に、グッとくるところがなかったですね。

その後の「最後のジェダイ」は、がっかり作品でした。
ルーク・スカイウォーカーが登場するというのが話題でしたが、ふたを開けてみれば、何ともかったるい展開でしたね。

映画自体はしっかりとまとまっているのですが、感情的に盛り上がらなかったですね。
劇場での混み具合でも、それは表れていたのだと思います。

「フォースの覚醒」では、久しぶりの新シリーズという点。
ルーカスが権利を手放して、ディズニー映画になったこと。
これらの話題もありました。

3部作の締めくくりとして、この作品はしっかりと作られていて、終わりもちゃんとあります。

せっかくルーカスフィルムから版権を買い取ったディズニーが終わらせるとも考えにくいので、またしばらくしたら作るような気がします。

すでに外伝のような作品は出ています。
来週の金曜ロードショーの「ハン・ソロ」もそうですよね。


なんだかんだ言いながら、来週も時間があえば、見てしまうんでしょうね。

 

tails-of-devil.hatenablog.com

tails-of-devil.hatenablog.com

 

tails-of-devil.hatenablog.com

 

        

  

 Amazonプライムビデオ 無料体験

 

 

 

三国志 ドラマ

f:id:tails_of_devil:20210224231532p:plain

 

三国志ファンとして、息子にはぜひ三国志を読んでもらいたいと思っていました。

しかし、本人は興味がないようです。

それでもコーエーテクもの三國無双シリーズは知っているし、遊んだこともあります。

息子の中では三国志コーエーテクモの世界となっているようなのです。

あれはちがうやろ~という親のツッコミは華麗にスルーとまでは行かないまでも、三国志の一つくらい読めばいいのにと思うのですね。

若き日の男なら、あの本を読んで暑い血をたぎらせて~
という時代でもないのかもしれません。

私は大学生の頃に読んだのかな?
まずは吉川英治の作品。

そして横山光輝の漫画も古本屋で買い集めたものです。

羅貫中三国志演義も読みましたよ。
ちょうど表紙がNHK人形劇三国志

北方謙三さんの三国志も良かったです。
ひとりひとりの男たちを熱く語らせたら右に出る者はいない、そんなかんじの三國志でした。
呂布かやたらめったら格好良かったですね。

漫画では横山三国志は王道ですが、本宮ひろ志の「天地を喰らう」とかも読みましたね。
あれを三国志として読んでいいのかどうかという人もいるでしょう。

 

映像作品もいくつか見ています。

レッドクリフは映画館に観に行きました。
壮大な映像美でしたが、赤壁のワンシーンを切り取った映画で、これを見て三国志を見たつもりになっている人も多いかもしれません。
赤壁三国志の前半を締めくくるのハイライトなんですけどね。


 

 

tails-of-devil.hatenablog.com

tails-of-devil.hatenablog.com

 

 

tails-of-devil.hatenablog.com

 

息子と少しこのドラマを見た。
私は一度見ているが、本を読まずともドラマなら見るのかと思っていたが、3話ほど見て終了してしまいました。

せっかく呂布貂蝉に籠絡されて、董卓を裏切るといういいところだったのに残念だなと思っていました。
というか他にしたいことがあったみたいですね。

 

Amazonプライムで今なら全95話が見られるみたいなので、三国志ファンなら見て損なし。

というかファンなら見ていると思いますね。

かなり時間が奪われますけどね。

 

tails-of-devil.hatenablog.com


Amazonプライムビデオ無料体験

 

 

 

記憶にございません

f:id:tails_of_devil:20210223222503p:plain

 

Amazonプライムで鑑賞しました。
三谷幸喜作品らしい、軽妙なコメディです。
2時間少々の映画ですが、飽きることなく楽しめました。

 

概要

 

監督・脚本 三谷幸喜

キャスト:中井貴一
     ディーン・フジオカ
     石田ゆり子
     佐藤浩市
     草刈正雄
     小池栄子
     斉藤由貴
     木村佳乃
     吉田羊

2019年制作 127分

 

ストーリー

日本の総理大臣である黒田啓介(中井貴一)が投石による頭部の怪我で記憶喪失になってしまったというところから始まります。

総理を支える秘書官の井坂(ディーン・フジオカ)と番場(小池栄子)ですが、とにかく記憶を失ってしまったことは伏せておきながら、この状況を乗り切ろうとします。

総理は妻の聡子(石田ゆり子)とはうまく言っておらず、妻は他の男性に思いを寄せている状況。

一人息子の篤彦ともうまく行っていません。

それ以上に史上最低支持率の首相であり、国民からも総スカンを食らっている状況。
傲慢で態度不遜、不誠実な人柄ですが、彼を首相として支える官房長官こそがこの政治の黒幕である鶴丸草刈正雄)なのです。

鶴丸がこの日本の政治にとっては最も強い力を持ち、首相と家でも彼には逆らえない状況。

そんな中、黒田啓介ははじめは首相なんて続けられないと言いながらも、徐々に適応していきます。

そしてこれまでの黒田らしからぬ態度で、とても素直な人物となります。

半ば理想を諦めていた秘書の井坂と番場は、何とかこの国を良くしていこうと、首相とともに黒幕「鶴丸」をどう排除するか作戦をねっていきます。

 

感想、見どころ

政治コメディです。
完全にコメディで、政治家から見ればバカバカ沿いうというところでしょう。

しかしながら、あながちこの程度の人たちの集まりではないかと思ったりもします。

三権分立自体をしっかり理解できていない人が首相だったりする国ですからね。

日本の国民は政治に対しては冷めきっているので、支持率2%台とかでも。普通に政局運営して、与党が支配しているなんてことが怒りうるのがこの国です。

最後の最後に黒田啓介が記憶を取り戻したことを伝えます。
どの時点で記憶を取り戻したのかは明らかになっていませんが、そのあたりもこの作品を面白いだけでなく、後味の悪い作品とならないようにしている点だと思いますね。

 

実際にはこんな話はありえないですけどね。

誰とは言いませんが、ウソにウソを重ねるくらいなら、これくらい全部ぶちまけて、「ごめんなさい」をすればいいのですがね。

日本人は政治家に対して基本的に優しいところがあります。

誠実に、正直に心からお詫びしている人間を捕まえて、死刑判決が出るようなお隣の国とは違うと思っています。
でも現実には、見苦しいまでのウソの答弁で、そんな茶番をずっと政治ショーとして見せられているので、国民はみんな白けてしまっているんですね。

マスコミがそれらに対して大きな責任を果たしていない気がしますけどね。
まあ、この映画もフジテレビが制作しているので、電波利権という点でも政府には頭が上がらないのでしょうね。

 

石田ゆり子さんが相変わらず、可憐であったこと。
有働由美子アナのアメリカのキャスターのような、イメージと違う化粧とかがハマりましたね。

ディーン・フジオカさんの二枚目ぶりもさすがです。
そして草刈正雄さんは相変わらず格好いいです。
遥かに年上なのですが、とても若々しくて雰囲気がありますよね。

 

 

 

Amazonプライムビデオ無料体験

西遊記2~妖怪の逆襲~(字幕版)

f:id:tails_of_devil:20210220211757p:plain

 

本日は休みだったので、Amazonプライムでこの映画を見ました。

2ということは1があるわけで、「西遊記 はじまりのはじまり」という作品ですね。

見たのは5年前ですね。
もう一度それを見ようと思うほどパワーは出てきません。

ストーリーはともかく、ビジュアル的な印象は強かったですね。

 

tails-of-devil.hatenablog.com

 

映画の概要


香港映画界のスターである、チャウ・シンチーさんが監督でしたが、今回の続編では、監督はツイ・ハークさんです。

この監督も大変有名な監督さんですね。

セブンソード」、「ドラゴンゲート」、「ライズ・オブ・シードラゴン」と言ったあたりが有名です。

 

tails-of-devil.hatenablog.com

10年以上前に見ていましたね。
どんなストーリーだったかも思い出せないのですが、あまり面白くなかった印象です。 

 

tails-of-devil.hatenablog.com

 これは結構面白かったです。ストーリーはともかく、映像やら設定やらがゴージャスな感じでしたね。

 

 

さて、この続編、イケメンの三蔵法師が出てきます。

以前よりはかなり老けたかな?という印象です。

前作はものすごく若かったんですね。

どうやら前作とは俳優が変わっているようです。

とてもイケメンなのですが、コメディ的なところがあるので、全然イケメンぽくはありません。

もったいない。

Amazonプライムでは、クリス・ウーという人みたいですが、うー・イーファンというのが本来の名前なんでしょうかね。

韓国のアイドルグループにも所属していたようですね。

中国籍ですが、韓国のアイドルグループに参加していると。

このあたりに日本人も参加するとかしていかないと、ますます世界から取り残されているような気がします。

三蔵法師だけでなく、孫悟空も俳優が変わったようですね。

悟空役の俳優さんもイケメンですね。

変わっていないのは以前のヒロイン役だったスー・チーさんです。

未だに可愛らしいですが、すでに40代の半ばですね。

時代の移り変わりの早さを感じます。

ともあれ、ストーリーはどうってことなくて、天竺を目指して一行は移動していくんですね。

そのあたりは、皆さん知ってのとおりです。

西遊記というのは誰もが知っているんですが、三大奇書四大奇書)と言われるくらい、優れた有名な作品です。

ところが作者も不明で、歴史的には全くの創作であるために価値がありません。

物語としてはとても面白いということで、いろんな映画やドラマの原作となっています。

日本でも堺正章さん、夏目雅子さんらのドラマがとても有名でした。

私も中学生くらいだったかな?よく見ていましたね。


またまた話がずれましたが、この映画では三蔵法師こと玄奘一行はありがたいお経を求めて徳を積む旅というよりも、妖怪ハンターとして旅を続けているなど設定も全然別です。

欲にまみれた猪八戒はより猪八戒らしく、欲の塊です。

前作でも油まみれの顔でしたが、今回も妙なメイクアップで存在感があります。

沙悟浄も我々のイメージを覆すほどの違和感で、半分以上魚です。

今回は序盤に蜘蛛の妖怪に毒を浴びて人型に戻れないままストーリーが進んでいきます。


あらすじ


さてイケメン玄奘一行は比丘国(ビクコク)へ到着します。

比丘国では九宮真人という女性に案内されます。

そこで歓迎されるものの、悟空は従いません。

そこの王は偽物でした。

悟空は、偽物の王を退治し、本当の王を救い出します。

王は喜び、玄奘後宮の女性、小善を差し上げようとしますが、玄奘は一旦断ります。

しかし思い直してこの美しい小善を連れて旅に出ることにします。


ここでも孫悟空はこの小善に疑いの目を持ったままです。

孫悟空は彼女の家族も村もまやかしに過ぎないとし、彼らを殺します。

玄奘は悟空の暴挙に怒り、彼を波紋にします。

小善はやはり妖怪でしたが、悪い妖怪ではなく、すでに肉体は滅びている状態でした。

比丘国の九宮真人が黒幕の妖怪だったのです。

彼女は小善に玄奘孫悟空を仲違いさせたことに喜びますが、彼らは黒幕をおびき出すために、わざと芝居をしていたのでした。

孫悟空玄奘は九宮真人を倒します。


そして彼らはまた一緒に旅を続けるのでした。

 

感想

CGばかりの映像で、チャウ・シンチーさんのワイヤーアクションというのはほとんどなかったのかな?という印象でした。

そういう意味ではちょっと物足りないですね。

娯楽映画としては王道の作り方。

序盤、中盤、後半とそれなりの盛り上がりを用意してくれています。

でもそれだけです。

そこがこの映画の評価が低い点なのかもしれません。

中身が薄い気がしました。

コメディタッチなのですが、笑いのポイントが少し違うのか、あまり笑えないでしたね。

1作めのほうが笑いが多かったです。

監督さんが変わったからでしょうか。


ツイ・ハーク監督はコメディは似合わないのでしょう。

だから中途半端になってしまっている気がします。

 

Amazonプライムなので、料金がかかっているわけではないので、これはこれで満足ですけどね。

 

西遊記2~妖怪の逆襲~(吹替版)

西遊記2~妖怪の逆襲~(吹替版)

  • 発売日: 2018/02/02
  • メディア: Prime Video
 

 

白夜行 ~白い闇の中を歩く~

f:id:tails_of_devil:20210130234529p:plain

昨晩、U-NEXTでバーフバリを見ていたのだが、あまりに長たらしく感じたので見るのをやめた。
インドは実は相当な映画大国で、映画の制作本数というのはぶっちぎりの1位であるらしい。
2位の中国と比べても、2倍位の制作本数らしい。
ハリウッドを抱えるアメリカが一番制作本数が多いと思っていたのだが、そうではない。
ハリウッドは映画にかける予算はぶっちぎりだろうが、実は本数は日本とそう変わらないようだ。

 バーフバリが駄作ということはないはずだ。
インド映画の中ではかなりの大作。
映像はきれいだし、CGなども使っているのである。
ではなぜ、見ていられないと思ったのか?

インド映画はまず長い。
ストーリーだけを追うのであれば、それほど長くはならないはずだが、シーンごとにミュージカルのような音楽が入るのである。
MTVのような映像がインドミュージックとともに流れる。
インドの音楽が好きな人にとっては、ものすごく値打ちがあるが、個人的にはいらないのである。
機会を改めて、鑑賞したい。

 

バーフバリ伝説誕生(吹替版)

バーフバリ伝説誕生(吹替版)

  • メディア: Prime Video
 

 


今日は妻と一緒に白夜行を見た。
これはAmazon プライムでの鑑賞。
韓流映画として、日本版とは違う作品である。
日本の映画も見た。
堀北真希主演の映画で、そちらの映画も細かい点に不満はあるものの、堀北真希の雰囲気がマッチしていた。
大阪の町が舞台ということもあって、馴染みもあった。

 

tails-of-devil.hatenablog.com

 


映画を見てから、東野圭吾さんの原作も読んだ。
映画と原作、どちらが良いかと言われると困るが、やはり頭の中で組み立てられる原作のほうがよりのめりこめるような気がする。

ソコソコに長いので、読むのに時間がかかるのだが、大変読み応えがあった。

 

 

tails-of-devil.hatenablog.com

 

さて、今回の作品は韓国版の白夜行である。

なので、名前なども違う。

ストーリーは時系列に語られるタイプではなく、時間軸がかなり前後する。
原作を知らない人にはそういうものだと思うが、原作を知っている人や、日本版の映画やドラマを見た人にとっては違和感もあるだろう。
殺害のシーンや濡れ場が多く、韓国映画って、そういう表現ってあまりなかったという印象を壊してくれている。
映画のクオリティは高く、俳優陣の演技も素晴らしい。
子役も大変優秀である。
主演は「愛の不時着」「私の頭の中の消しゴム」「ラブストーリー」の主演女優であるソン・イェジン
こういう役柄はお手の物だろう。

2009年の作品。
もっと最近のものかと思っていたが、10年以上前の作品なのである。
後で分かったことだが、こちらの作品のほうが先に作られているのである。
せっかく原作が日本のものなのに、韓国映画が先に作られるなんて。
そして、その出来栄えも悪くはないのである。

日本映画にもっと頑張って欲しいなあ。

 

Copyright ©悪魔の尻尾 All rights reserved.